HOME > これまでの活動2

これまでの活動2


平成26年7月6日(日)


 2014関東同窓会が開催されました。

役員会

 平成26年7月6日(日)、ホテル椿山荘東京で「濱松一中・浜松北高同窓会 2014 関東」が行われました。

 前日まで雨交じりだった天気も、当日は雲の切れ目から晴れ間が見えるほどに回復し、会場から見える椿山荘の庭が、まるで新緑まぶしい初夏の京都にいるかのような錯覚を起こさせるほど、その美しい佇まいで、私たちを出迎えてくれました。

2014関東同窓会

 たくさんのお客様にお集まりいただき、第1部の「創立120周年記念 特別演奏会」がスタートいたします。

須川展也氏

 演奏会の前半は、同窓生でもある世界的サクソフォン奏者の須川展也氏(高32回生)の艶やかな調べをゆったりと堪能。 普段は耳にすることのない生の演奏に聴きしれ、贅沢な時間が流れていきました。

 後半には、この日のために世代を超えて集まった吹奏楽部OB、OGを中心とした同窓生有志が、憧れの須川氏の指揮のもと、「川の流れのように」と「生徒の歌」を演奏しました。

  「生徒の歌」は時の流れと共に形を変えて歌い継がれ、今では現役生たちが肩を組み、ジャンプをしながら歌っていますが、この日の同窓生全員が声を合わせた「生徒の歌」もそれぞれの時代を飛び越え、高校時代に戻ったかのように、会場を一つにしていました。

役員会

 第2部は、「創立120周年記念 大懇親会」です。 窓から見える素晴らしい景色を見ながら、懐かしい友人たちと談笑し、美味しい食事をいただきました。 懇親会の中で、120周年を記念して制作した動画が放映され、一中・北高の歴史紹介や現役生の様子、OBOGのインタビューが流れると、会場はさらに盛り上がりを見せました。その後は、来年幹事となる39回生への引き継ぎ式、校歌斉唱、38回生からのお礼の挨拶と続き、最後に浜松で行われる同窓会総会のご案内をしてお開きとなりました。

 次はいよいよ浜松で同窓会総会が行われます。この関東同窓会での盛り上がりをそのまま浜松に移し、大還暦に相応しく、さらに盛大で楽しい同窓会に皆さまをお招きできるよう、精一杯準備を進めております。 7月26日(土)は38回生幹事一同、皆さまのお越しを心からお待ちしております。

役員会


平成26年6月23日(月)


 役員会、懇親会に出席いたしました。

 平成26年6月23日(月)、グランドホテル浜松で行われた浜松北高同窓会役員会に出席いたしました。

役員会

 母校では年に一度各界の識者を招いて特別講義を行っているのですが、実はこの特別講義は今年の同窓会総会の幹事学年である我々38回生が入学した年に始まっており、奇しくも今年の特別講義は38回生で東京大学の教授である杉田精司氏を招いて行われたことが、役員会の最後に棚橋副校長から報告されました。
 続いて行なわれた懇親会では、日頃よりお世話になっている先輩方や普段あまりお目にかかれない役員の皆さまにご挨拶をさせていただきました。 最後に、今年の同窓会総会へのご出席を一同よりお願いし、お開きとなりました。  

懇親会でのPR

     

平成26年6月15日(日)


 しらはぎ会総会にてPR活動を行いました。

 平成26年6月15日(日)、午前11時から、コンコルド浜松において第31回しらはぎ会総会が開催されました。 2年に一度開かれるしらはぎ会総会ですが、今年は160名を超える会員の皆さまが出席され、大変盛大に執り行われました。
 私たちは懇親会の席で今年の同窓会総会のテーマやイベントの内容などをご案内し、多くの皆さまのご出席をお願いいたしました。

しらはぎ会総会


平成26年5月30日(金)


 記念誌を広告主様に発送する作業を行いました。

 平成26年5月30日(金)、午後7時30分から、浜松北高同窓会記念資料館2F研修室にて、10日ほど前に完成し、納品されたばかりの記念誌を広告主様へ発送するための封入作業を行いました。
  母校が創立120周年を迎える今年の同窓会総会の記念誌には、全部で350件を超える大変多くの企業・団体様から広告協賛をいただきました。 ご協力をいただきました企業・団体の皆さまに厚くお礼を申し上げます。

記念誌


平成26年5月21日(水)


 第二回意見交換会を開催いたしました。

 平成26年5月21日(水)、午後7時から、浜松北高同窓会記念資料館2F研修室にて、第二回意見交換会を開催いたしました。

後輩学年の皆様


 昨年11月に引き続き2回目となる今回は、39回生から48回生まで合わせて26名という多数の皆さまにご出席いただきました。
 出席者の簡単な自己紹介の後、記念誌、イベント、チケット、広告の各部会の部会長からそれぞれの活動について説明を行い、さらに事務局長が同窓会の概要について説明を行いました。 続いて、事務局次長が実行委員会の予算について説明し、最後に後輩学年の皆さまからの質問、ご意見をいただく時間を取りました。

幹事学年の38回生

 約二ヶ月後に迫った7月26日は同窓会総会の当日ですが、同時に39回生にとっては総会の鍵を引き継ぐ日でもあります。 また、40回生はチケット販売が本格化する時期でもあり、主にその二つの学年から、具体的な質問が相次ぎました。
 また、何年も続けて出席しているという若い学年からは、常により良い運営を模索していく努力を求める意見も出されました。 意見の違いはあっても、母校愛に根差しているという点で、皆さまの思いは変わらないようです。


平成26年2月15日(土)


 120周年記念「還暦座談会」を行いました。

 平成26年2月15日(土)、浜松北高同窓会記念資料館1階会議室にて、120周年記念「還暦座談会」を行いました。
 この「還暦座談会」は、今年の同窓会のテーマである「大還暦」にちなんで、8回生、38回生、68回生と、60年にわたる世代の皆さまにご参加いただいて、母校について語っていただこうというものです。 この日は8回生3名、68回生5名の方にお集まりいただき、38回生も5名が参加して、「北高に生き続けるもの、変わりゆくもの」をテーマに、和やかな雰囲気の中お話をしていただきました。 68回生の皆さまからは今の母校の様子を教えていただき、8回生の皆さまからは楽しくも貴重なお話をたくさんうかがうことができました。 時代の移り変わりと共に学校の様子はかなり変わりましたが、自由な校風を特色とするところは今も昔も変わらないようです。
 お忙しい中をご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

還暦座談会


平成26年1月2日(木)


 学年同窓会を開催いたしました。

 平成26年1月2日(木)正午から、オークラアクトシティホテル浜松にて浜松北高38回生の学年同窓会を開催いたしました。

学年同窓会

 全体同窓会の幹事学年となる今年は、総勢80名の同級生が集まりました。
 実行委員長のあいさつに始まり、関東同窓会についての説明や浜松での準備の進捗状況の報告などがなされ、皆への協力が呼び掛けられました。 高校卒業以来、約30年ぶりの再会となった同級生も数多くおり、旧交を温めると共に、7月の総会の成功を誓い合いました。

後輩学年の皆様

→これまでの活動3へ